会社概要

 近年、日本国内特許出願件数は横ばい状態ですが、世界の産業構造はすさまじい勢いで変化しております。それに伴ってグローバルな知的財産権対応がますます重要となってきており、外国出願は年々増加しております。
各国における早期の知的財産権取得のための翻訳や調査は、企業にとって経営戦略上、極めて重要な課題の一つです。
これらのグローバルな特許翻訳や特許調査などの専門体制を、企業の知財部門や特許事務所で構築することは、その費用対効果を考えると必ずしも得策とは言えません。
多くは、翻訳会社や調査会社といった知財サービス提供会社に業務委託されていることと思います。

ところが、現状、企業の知財部門や特許事務所からは、業務を依頼する知財サービス提供会社の営業担当者のみが見え、実際翻訳や調査実務をする人がどこにいるのか、どんな人なのか、多くの場合は見えません。

当社には、特許事務所や大手企業の知財部門などで長く知財実務経験を積んだスタッフが揃っています。
当社は、何でもやるのではなく、知的財産権に特化し、大阪を中心に日本国内で、実務者の顔が見える形態をビジネスの基本として、お客様に「安心」で「高品質・高効率」な知財サービスを提供して参ります。