特許翻訳

コミュニケーションを重視した特許翻訳サービスを提供致します。

取り扱い言語


以下の言語も取り扱っております。

日本語 ⇔ 韓国語      日本語 ⇔ ドイツ語    スペイン語 ⇒ 日本語 
フランス語 ⇒ 日本語    イタリア語 ⇒ 日本語 

対応言語は順次増やしておりますので、詳しくはお問い合わせください。

今までの特許翻訳の主な問題点と解決策

  1. 基の明細書(日本語)において一文が長い、主語・目的語が省略されて不明確、
    主語・述語および目的語の対応関係が不明確、修飾語の係り受けが不明確、
    否定表現内容が不明確、用語が不統一など。
  2. 翻訳者にとって、技術的内容や技術造語が理解困難などが、挙げられます。
 IP-Proでは、そんな問題点を解決するために、 さまざまなサービスを用意しました。

実務者の顔が見える翻訳

翻訳着手時に、翻訳者同行面談サービスを実施することを可能と致しました。
ご依頼いただいたお客様の予算とニーズに応じたオプションを準備し、権利化したい発明をできる限り正しく翻訳した他言語明細書に致します。
このように、当社では、可能な限りお客様と向き合い、face-to-faceで仕事を進め、翻訳完成度を高めます。

オプション内容

  1. 翻訳者同行 翻訳着手時に翻訳者が営業担当者と同行します。
    翻訳上不明確な基原稿内容の確認や、翻訳時の注意点などを、お客様とともに確認しながら面談ができます。
  2. 翻訳者指名 過去の翻訳実績や評価などを踏まえて、翻訳者をご指名いただけます。
    用語の表現の統一が容易となり、相互の信頼関係の構築で品質向上につながります。
  3. ネイティブチェック より確実に権利行使できる明細書とするには、ネイティブチェックが有効です。
    当社では、特許・法律・技術といった背景知識を有する日本在住のネイティブがチェックすることができます。

オプション情報

特許翻訳ワークフロー

特許翻訳ワークフロー